外壁塗装のリフォームを行うには

  • 外壁塗装のリフォームを行うには

    • 外壁は年月とともに劣化が進行し、車の排気ガスによる全般的な汚れが目立ったり、表面の温度変化で収縮を繰り返しヒビ割れが表面化して来ることもあります。

      そのまま放置しておくとモルタルの剥離が生じて雨水が浸入して雨漏りにつながることもあります。
      外壁が剥離すると一部が落下して人身事故につながらないとも限りません。

      日々の保守管理は大切で少しでもそのような症状を発見した場合には早めの補修を行うことが大切になります。

      外壁塗装で一番安価なのはアクリル系の塗料で耐久年数は約4年とされています。

      耐久性が短いのでこまめに塗装を行う必要があるとされます。

      ウレタン系の塗料は耐久年数は約6年とされ塗装の剥離が気になる場合には密着性に優れているので適しているとされます。


      シリコン系の塗料は現在主流になっていいて耐久年数も約13年とされ価格と耐久性においてコストバランスが良いとされています。
      フッ素系塗料というのもあります。
      これは耐久年数は20年弱あって価格は少し高めに感じるものの、1年あたりの費用に換算するとコストパフォーマンスは良いとされています。

      広い大きな家に住んでいる場合にはそう何回も塗装を行えずこの種の塗料が採用されることも多いものです。地球温暖化の時代に入り、東京近辺でも亜熱帯化するとの学者の意見も当を得ているとも感じられるようになって来ました。

      従って夏場などはなるべく省エネ生活を実現したいもので、これに対して有効な塗料として遮熱塗料や断熱塗料があり注目されて来ています。

      塗装の場所としては屋根瓦と外壁、そして場合によっては内壁にも塗装することがあります。

      大切なのは外壁とサッシの間に隙間を作らないことで、あとサッシはアルミ製よりも樹脂サッシが良いとされています。最近はサッシも複層ガラスの入ったものや二重サッシが採用されることもあり、防音・遮音と共に遮熱・断熱効果を持つとされています。
      耐用年数は20年近くあり外気温度に比較して4度C前後室内温度が低くなるとされています。そのことで冷房負荷を下げることになりますので電気代の節約にもつながります。


      その他に最近開発された光触媒塗料という方法も知られるようになって来ています。


      これは太陽光の紫外線でもって汚れを分解し、雨が降ると汚れを洗い流すことになるので半永久的にこれらの部位をきれいに保つことができるとされています。依頼するにあたっては複数の業者に見積をとって工事内容を比較検討することが大切です。
      外壁塗装の工事施工の工程ではまず建物周りに仮設足場が組まれます。
      外壁や屋根面の汚れを取り除くために最初に高圧洗浄が行われます。

      その為に防護ネットやビニールシート、養生テープなどで養生が行われます。

      シーリングがサッシ周りに施されます。

      下地の補修が行われてから下塗り塗装へと進みます。各種の塗料の中から外壁塗装用に選択された塗料が外壁や屋根に塗装されます。

      中塗り、上塗りと進み鉄部や木部の塗装も行われます。
      あとは片付けや足場の解体を行います。

      千葉の外壁塗装情報探しのサポートをいたします。

      人には聞けない珍しいフローリング補修情報をお伝えします。



      よりシンプルさを追求した床の補修の基礎知識をご説明をしたいと思います。

      神奈川の住宅リフォームの様々な相談を受けることができます。

      http://www.sankei.com/economy/news/161124/prl1611240028-n1.html

      http://okguide.okwave.jp/guides/75441

      http://tsutaya.tsite.jp/item/book/PTA0000H47AH

  • 関連リンク

    • お部屋や廊下の床を綺麗で美しく保ちたいという場合、フロアコーティングが必要となります。特に新しくお家を建てたり、購入した場合はこれから過ごすお家をいつまでも良い状態で保ちたいものです。...

    • 日常的に使用しているお風呂は、生活するにあたって欠かせない設備のひとつとなっています。一方で、他の生活必需品のように毎日使用することで少しずつ劣化していくのはお風呂も同様で、掃除を定期的に行っていても機械類の故障などにより修理やリフォームを依頼することになります。...